ゆっくり攻略シリーズ真・女神転生 3 NOCTURNE → 龍が如く見参!攻略 真・女神転生 3 NOCTURNE 攻略
攻略進行編 悪魔リスト:レベル順 悪魔リスト:種族別 ポイントデータ トップ
変化と特殊合体】【マガタマコンプ&将門塚】【小ネタ
小ネタ

ジャンクショップでは1,000マッカ以上の買い物で『しあわせチケット』が貰える。例えば道反玉を6個購入する時でも、2個買っては一度出るをくり返せば3枚貰える。10枚溜めたら白い箱/中くらいのつづらを選べば.『○○の香』が出るので、買い物の度にこまめにやればステータスアップにかなり役立つ。

ハイピクシーなどが覚える『宝探し』は、運が良ければフィールドマップを歩き回るだけで『宝玉輪』『ソーマ』などの使えるアイテムから宝石まで見つけてくれる。例えばギンザに初めて行った時、地上からハイウェイを通って東京タワーの方まで行った際(敵が強いので要注意)には、宝玉輪、ソーマ、マッスルドリンコ、ダイヤモンド、サファイアを発見!

カラステングなどが持っている『見覚えの成長』はストックしておけば戦闘に出ないでも経験値の半分を得るというもの。変化する悪魔など、戦闘で使いにくい悪魔を造る時は、合体(含レベルダウン精霊合体)を繰り返して『見覚えの成長』付きで連れていくと良い。

悪魔のレベルを上げた時はなるべくこまめに悪魔全書に登録する。但し、2回目以降の悪魔は前回のものと比較して有利なスキルを継承している方を残すように。前半の主力悪魔の場合、その時点では使いやすかった『メディラマ』『ラクンダ』『シバブー』などはあまり継承の必要がなくなるので、『見覚えの成長』などを優先して合体素材にする場合もあるだろう。ダンジョン用にエストマ/リベラマ/ライトマを持った悪魔を造っておくのも便利。

今作で非常に価値が上がったスキルが『スクカジャ』『スクンダ』の命中系スキルと反射/吸収系の性質。回避では相手の行動回数を減らせるし、吸収ならその行動で終わる。ボス戦では相手の特徴に合わせてそのボスが使ってきやすい性質の攻撃を反射/吸収する悪魔を1体召還しておくと便利だし、『フォッグブレス』『雄叫び』『ランダマイザ』はより優先的に継承させたいスキルと言える。逆に使われると長期戦ではかなり不利なので、『デクンダ』は必ず誰かに持たせたい。

行動回数という意味では、クリティカルと弱点を突くのも重要な要素。特にジオやブフが効く相手の場合は、中〜高位魔法がなくてもジオやブフを使って弱点&固めクリティカルを狙った方が効率が良かったりする。『○天の会心』はボス戦前にエストマをかけてうろつき、狙った月齢でボスと戦う形で活用しよう。

前半は全書への登録も少ない上にマッカが全然足りないので、悪魔造りは交渉頼りになる。『わがまま』を持った若い女性系の悪魔など、相手次第では非常に効率良く仲間に出来るスキルがあるので、交渉用のサポートスキルはとりあえず残して育てると良い。但し、自分と相手の外見で使えるスキルは異なるので、継承しても役に立ちにくい場合もある。ホクトセイクンの『わがまま』なんて見たくないでしょ。。。
 
(c)1999-2003 osanpo-net.com
PSゲーム攻略
日刊運勢メルマガ
Web&DTPデザイン
お散歩ネットトップ