SEO:検索エンジン最適化 〜検索エンジンユーザーを最適化で獲得〜

※2005年末に更新を終了しました。

検索エンジン最適化の重要性

2006.06現在、検索エンジン最適化単独での案件は承っておりません。ご了承下さい。

インターネットユーザーの動向

単にホームページを持つだけでは既存の顧客以外のアクセスは望めず、ビジネス上のメリットもほとんどなく、通販サイトではアクセスが少ない=不採算により閉鎖にも直結します。アクセスを増やすには広告での露出が有効ですが、効果の高い広告ほど費用もかかります。それに対し、比較的少ない費用で大きな効果を期待出来るのがSEO=検索エンジン最適化と呼ばれる方法です。きちんと最適化されたサイトを持つ事は、非常に優秀な営業マンを雇う事に匹敵する効果をビジネスにもたらします。

現在、インターネットユーザーの80%以上が目的のサイトを探すために検索エンジンを用い、更にその大半(約7割)が検索結果に表示される結果の2ページ目(Google 20位/Yahoo! JAPAN 40位)までしか見ない(別の調査では半数以上は検索結果の1ページ目まで)と言われています。この数字は当方運営サイトでもほぼ同じです(→検索エンジン最適化の実例

つまり、検索エンジンにおいて目的とするキーワードで上位表示させる検索エンジン最適化を成功させれば、インターネットユーザーの80%に対して露出し、潜在的な顧客にアピールするチャンスが飛躍的に増す事になり、逆に21/41位以降だとそのキーワードで検索する場合は存在しないのとほぼ同じと言う事も出来ます。これが検索エンジン最適化をおこなう理由のひとつです。

ターゲットの明確性とブランディング

更に、一般的な広告と異なり検索エンジンの検索結果は『そのキーワードに興味を持っているユーザー』に直接表示されるため、現在のマーケティング、広告で最重要視されている『ターゲットの特定』が自動的に成立するというメリットもあります。欲しい商品を検索エンジンで探すユーザーはショッピングモールなどを利用するユーザーの5〜6倍という結果も出ています。

しかも、一度検索エンジン最適化によって上位表示を獲得すれば、その後かなりの期間に渡って継続的に上位表示され続ける可能性も高く(→検索エンジン最適化の実例、掲出期間中だけアクセスを伸ばす他の広告とは一線を画します。更に別の調査では、良さげな文句の並んだ広告より検索エンジンの検索結果の方がより信頼されやすいというデータもあります。ターゲットの明確性/継続性/信頼感を兼ね備えることが、検索エンジン最適化のもうひとつの理由です。

当方の検索エンジン最適化サービス

このような検索エンジン最適化を、当方では完全成果報酬にて承っており、該当件数が数十万〜数百万規模のキーワードでの上位表示にも成功している独自の最適化ノウハウがあります。

当方の検索エンジン最適化サービスは、基本的にGoogleをターゲットにします。Googleの検索結果はinfoseek、BIGLOBE、Excite、@nifty(infoweb) などの提携検索エンジンのページ検索結果にも反映されるほか、正しく検索エンジン最適化を施せば、最大手のYahoo!をはじめ他の検索エンジンでも順位は上がって来ます。

ちなみに・・・

『独自の最適化ノウハウ』と言っても、知識・技術的な事は『SEO:検索エンジン最適化の基本』で紹介している内容+α程度ですから、ある程度Web上の情報を収集する事が出来てHTMLの知識がある方なら、理解することも実践する事もさほど困難ではないことばかりです。

当方が他の業者と比べて優れているのは、官公庁のようにアクセシビリティに配慮を求められるサイトからECサイトのように豊富なコンテンツを直観的にわかるようにレイアウトする事が求められるサイトまで、多くのWebサイト構築と検索エンジン最適化サービスを手掛ける中で培ってきたシンプルで正確な方法論があるため、『見やすく分かりやすい外観と検索エンジン対策を兼ね備えたサイトを短期間で構築出来る』という事です。

当サイトのGoogle(www.google.co.jp)での検索結果は以下のようになっています(2005.8.25現在)。

Google 現在の検索結果順位をGoogleでチェック!
1/2,170,000
2/1,110,000
3/3,800,000
7/1,880,000
8/2,450,000
10/1,240,000
14/2,370,000
この程度でも多くの方の目に触れ、お問い合わせを頂いています。。。今貴方がご覧になっているように。

Webデザイン制作
SEO:検索エンジン最適化

・検索最適化の重要性
・検索最適化の実例
・検索最適化の流れ
・最適化費用の目安
・悪質なSEO業者に注意

ホームページ作成講座
日刊運勢メールマガジン
Playstation2ゲーム攻略


Web標準の教科書
XHTMLとCSSでつくる
“正しい”Webサイト