ホームページ作成講座

ホームページ作成講座 vol.02 …文書型宣言とヘッド


基礎の基礎
基本的に開始タグは終了タグで閉じ、それぞれの位置は呼応する(<br>など、終了タグを必要としないものもある)。<1>。。。<2>。。。<3>の順で並んだ場合、</3>。。。</2>。。。</1>となり、</1>。。。</2>。。。</3>という事はあり得ない。

要素というのはそのタグの役割を決めるもので、< >の中に先頭にひとつ記述する。要素だけでは働きが確定しないものが多く、属性は要素の働きを示し、属性値はその種類を示す。 属性は要素の後に半角スペースを空けて記述し、属性値が付く場合は=で結ぶ。
<要素 属性=属性値>

最も基本的なHTML文書の構造は以下のような感じになる。
<!DOCTYPE>
<HTML>
<HEAD>〜</HEAD> … TITLE、META、外部リンクなどが入る
<BODY>〜</BODY> … 本文、A、IMGなどが入る
</HTML>


DOCTYPEの宣言
どのバージョンのHTMLに従って書かれているかを示す(文書型宣言)。これを見てブラウザは表示の仕方を判断する。この宣言がなく、様々なバージョンの複合で記述されているHTMLの場合、ブラウザによって見え方が大きく崩れたり、最悪の場合何も表示されなくなるケースもあるので注意が必要。多少おかしなソースでもIEやNNは何とか表示しようとするが、それにも限度があるので、特にIEの一部のバージョンだけで動作確認して安心するのは禁物。
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN">

HTML要素
この書類はHTMLだと示す。言語(lang)は日本語(ja)、くらい書いておいても良い。
<html lang="ja">〜</html>

HEAD要素
ページについての情報(タイトルタグやメタタグなど)を入れておく。Javascriptが入ったり、外部スタイルシートなどへのリンクを含む事もある。IEやNNなどのブラウザに直接表示はされないが、検索エンジン対策などとしては重要。
<head>〜</head>

TITLE要素
なるべくキーワードを含め、ブックマークした時や検索に引っ掛った時にわかりやすい意味のあるタイトルをつける。
<title>タイトル</title>

META要素 終了タグなし。

属性:http-equiv … MINEタイプ、文字コードセットの指定。
例:MINEタイプ=contentはHTML形式。文字コード=charsetがシフトJIS。
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=Shift_JIS">
他にRefreshなどがありますがあまり使いません。

属性:name … キーワード、紹介文、ロボットなど。
・属性値:keywords(キーワード):半角カンマで区切って並べます。多過ぎるのは良くない。
<meta name="keywords" content="キーワード,キーワード,キーワード">
・属性値:description(紹介文):やはり多過ぎるのは良くないので簡潔に。
<meta name="description" content="簡潔な紹介文">
・属性値:robots(ロボットへの指定):半角カンマで区切って2つ並べる。
インデックスする=index/しない=noindex/リンク先も辿る=follow/辿らないnofollow
<meta name="robots" content="index,follow">
<meta name="robots" content="noindex,nofollow">
他に、著者を示すAuthorなどの属性値があります。

Webデザイン制作
SEO:検索エンジン最適化
ホームページ作成講座
日刊運勢メールマガジン
Playstation2ゲーム攻略